マスカラ選びは自分のまつげを知ることから


カラコンやつけまなどを使い、大きな瞳をつくるアイメイクが流行っています。瞳が大きく見えるだけで、顔の印象も大きく変わり、華やかで、理想的な顔に近づけます。デートやパーティーなどのイベントごとには特に力を入れてお化粧に励んでいる人も多いのではないでしょうか。カラコンやつけまを使ったメイクは、学校や会社では不向きです。TPOに合った服装やメイクをすることがマナーです。必要最小限の薄メイクでも、手抜きメイクに見えないよう、基本はおさえましょう。アイメイクは、ラインを引くことと、ビューラーを使い、まぶたの毛の向きを上向きにくせをつけることが基本です。そのうえで、まつげを長くみせてくれたり、ボリュームを与える化粧品を塗ります。下地入りのものや、ウォータープルーフのもの、色もさまざまあります。ナチュラルに見える透明や、ブラックの色は、太く濃い印象的な仕上がりとなります。ブラウンの色も、よくなじむので、学校や会社向けの色です。まぶたの毛の長さや量は個人差がありますので、自分に合った化粧品を選んで使いましょう。まず、長さについてですが、短い人は繊維の入った下地を初めに塗って長さを出すと良いでしょう。逆に、元々長い人は、下地入りのものだと、長さがですきで視界の邪魔になるのともあるので、シンプルな機能のものを選んで調節しましょう。

gf2160144611l

コメントは受け付けていません。