アイシャドウを入れるポイントについて


アイメイクは、メイクの中でも最も大事な部分といっても過言ではありません。
目は最も顔の印象を左右するパーツですし、メイクによって欠点をカバーできるところでもあります。
さてそんな大事なアイメイクですが、やり方を間違えると逆に顔の印象を悪くしてしまうこともあります。
特に二重の幅の部分に入れる色には気をつける必要があります。
まず、アイホールに明るい色を入れ、目元の印象を明るくします。
これは自分の好みで色を選んで大丈夫ですが、ベージュやゴールドなら誰にでも似合う無難な色です。
全体にふわっといれ、目の下にも軽く入れておきましょう。
そして二重の幅には締め色としてブラウンやグレーなどの暗い色を入れます。
目頭から均等にひかず、目尻から目頭へ向かってひくと目を立体的に見せる効果があります。
ポイントとしては、二重のラインからはみ出さないようにひくことですね。
はみ出してしまうとちょっと派手な印象になってしまいます。
そしてこの上からアイラインを引きますが、これも目のふちに太くなりすぎないように引くとナチュラルに仕上がります。
最後に締め色を下まぶたのきわに細く入れると、目が上下左右に広がりますし、優しい印象を与えることが出来ます。

 

gf2160144611l

コメントは受け付けていません。