クリームアイシャドウの上手な塗り方について


目元の印象を出す場合には、シャドウを使うと随分変わります。
なりたい目の表情を出すには、まず下地をはっきりとメイクしたい場合には淡い色から濃い色へと塗っていきます。
その逆にナチュラルメイクにしたい場合には濃い色から淡い色へと塗っていきます。
パウダータイプのものが一般的ですが、最近ではクリームタイプのものが出ています。
こちらは油分を含んでいるので、パウダータイプに比べて色もハッキリと出て強い印象になります。
まぶたがくすんでいる時などは、コンシーラーを縫ってからシャドウを塗ると上手くカバーできます。
ただし持続性に欠けるので、塗った後はフェイスパウダーなどで仕上げをすると良いでしょう。
コンシーラーはシミやくすみを隠せる分、あまり塗りすぎてしまうとしわに入り込んでしまい化粧崩れの原因にもなるので、塗る量はあまり厚塗りにならない程度にしましょう。
また、コンシーラーは硬さもいろいろあり、まぶたに塗る場合には硬めのものは不向きです。
できるだけしっとりした柔らかいものを選ぶようにしましょう。
反面、頬などには硬めのものでも問題なく使うことができます。
顔の部分によって種類を変えながら、上手に使うと良いでしょう。

gf2160144611l

コメントは受け付けていません。