自分に似合うアイシャドウの色の選び方


gf2160144611l

 

洋服と色味を合わせたのに、お化粧が浮いて見えると言う事はありますか。
目元の色味が合わない、コーディネートしたつもりが似合わないと言う事はありますか。
それは、貴方のお肌に合う色ではないからです。
一般的に、日本人には肌が黄色味を帯びているイエロー系の肌と、青みを帯びているブルー系の肌とがあります。
これらの判別は、手首などで透けて見える血管の色で出来ます。
血管が青く見えるならブルー系、緑色に見えるならイエロー系です。
この肌の色を参考に、色を合わせていきましょう。
イエロー系なら赤、オレンジ、茶色系の暖色系を。
ブルー系なら、青、緑などの寒色系を。
肌色を引き立てる色合いは、実際に肌に当てると良いでしょう。
一色テーマを定めて、その濃淡を変えるだけでぐっと引き締まります。
お化粧にも、同じ事が言えます。
芸能人のように、目元だけきつい色を入れるのは、普段使いにはお勧め出来ません。
勿論、パーティなど華やかな場所なら、反対色の指し色はかえって目立つでしょう。
ただ、仕事などでフォーマルな洋服を着ているところに、華やぎに化粧で明るい色を使うのは良いでしょう。
但し、あくまでもフォーマルに合うよう、淡くする事は必要ですが。

コメントは受け付けていません。